2021-05-07

細かいことが気になってイライラするかもしれないし、 細部に目を向けることで、見落としがなく、うまくいくこともあるかもしれません。

いい感じに仕上げたい。完璧を求めて修正したい、修正しつづけたいと思うこともあるかもしれないが、もうこれくらいでいい、と見切りをつけるタイミングも意識してみる。

とりあえず、自分が「これでいい」と思える基準があれば、わかりやすくて、いいかもしれません。

月@おとめ座のときは、何かを分析することに時間を使ってもいいかもしれません。仕事のこと、人間関係のこと、お金(収支)のこと、生活環境のこと、などなど。どこか、からまっている糸があるなら、ほどいていく。

携帯電話のプランを見直す。 自分の仕事の進めかたや家事などのルーティーンワークを見直す。 もっと今の自分に合ったプラン、やりかたがあるのではないかと考えてみる。

自分のことでも、他の人のことでも、あまり批判しないように気をつけたい。

月おとめ座の日に、映画「ハウルの動く城」を観ていて、ふと思った。 細かところまで丁寧に描かれてるなーって。 細かいところまで、行きとどいている。それは、おとめ座の世界観。

レストランで、お客さんへのサービスが行きとどいているウェイターやウェイトレスにも、おとめ座的なものがあるように思います。

月おとめ座のときは、何か仕上げの作業をしてもいい。文章に誤字脱字がないか、契約の内容にミスはないか、などの細かい分析。(水星が逆行中でなければ)

普段なら見落としてしまいそうなことも、このときは、見落とさない。 森の全体像を見ることは苦手かもしれないけど、一本の木の枝や葉っぱなどは、よく見える。

反対に、考えなくてもいいことを考え始めると、つかれてしまう。 誰かの話し方、ちょっとした態度、メール、などなど。 一つ一つの意味を分析しようとしたら、果てしない。

五感を通して入ってくる情報を分析しようとする傾向が強くなるかもしれません。 分析することが、何かのためになるのかどうか意識したい。

たとえば、何も考えず、いきおいに任せて始めたことを調整していく。始めるときには、いきおいが必要。 細かいことを考えすぎたら、いつまでたっても始められない。でも、そのあと、見直して軌道修正していくことも必要。

たとえば、月おひつじ座のときに、思いきって切った髪。 月おとめ座のときに気になるところを、そろえて仕上げる。とか。

心と星の世界