天王星おひつじ座の期間

2019-03-16

2019年3月6日に、 天王星がおひつじ座から おうし座に移動した。

おうし座に来た天王星。 今、感じていること、 パッと出てくる言葉は 「いろんなペースが乱れている」

これからの新しい7年。

どんなことでも、 新しいペースに慣れる、 新しい自分のペースを 確立していくのには、 少し時間がかかるかもしれません。

おひつじ座での7、8年は、 東日本大震災で始まった という印象があります。

過ぎていった 天王星おひつじ座の期間は、 あなたにとって、どのような 期間でしたか? おひつじ座は、 あなたの出生ホロスコープでは、 何番目のハウスですか?

自分の場合、 おひつじ座は、4ハウス。 「自分の居場所を探していた期間」 と言うこともできます。

数えてみると、この期間、 7回、引越しました。 平均すると1年に1回くらい。 自分で言うのもなんですが、 すごい動きまわってますね...。

初めて行く場所もたくさんあったし、 自分が生まれた場所、昔通った学校などにも足を運んだ。 「自分は、住もうと思えば、どこにでも住めるな〜」 という新しい発見もあった。

どこにいても、どこかアウトサイダーのような感覚があり、 同時に、どこにでも自分の居場所を見つけることができる。 そういうことを感じた、天王星おひつじ座の期間でした。

I belong nowhere.
I belong every where.
(Maya Angelou)

わたしは、どこにも属さないが、 わたしの居場所は、どこにでもある。 (マヤ・アンジェロウ)

たとえば、事故など何もなかったとして、80歳くらいまで生きたら、 私たちは、天王星の12パターン、12星座の期間をすべて経験できます。

天王星おひつじ座の期間を経験できるのは、 ほとんどの人にとって、一生に一度だけ。

これから始まる天王星おうし座期間も同じこと。

季節が移りかわるように、 私たちの人生にも、いろんな特徴(色彩)を持った、 いろんな期間(時代)がある。

これからの7年が、 新しい経験を運んでくる満ちたりた期間になりますように...。


心と星の世界