土星と天王星

「らしくない」からの進歩

2022-04-03

「らしくない」があるから進歩があるわけです。 「らしく」の世界の中に閉じこもっていては新しいことは生まれない。
著書:なんだ、けっきょく最後は言葉じゃないか。
著者:伊藤公一

「らしく」の世界を、土台から築き上げ、確立していくのが土星のプロセスなら、

そこから「らしくない」へ、できあがった1つの枠組みを越えて、ふみ出していくのが天王星。

「らしくない」は、天王星らしい。


心と星の世界