何をしたら元気が出る?

2019-11-07

元気がないと感じたときは、 自分の火星が位置する星座が 示すテーマに取り組んでみると いいかもしれません。

取りくむとは、 行動すること。

運動する気分じゃなくても、 とりあえず運動着に着替えて、 外に出てみる。 勉強する気分じゃなくても、 とりあえず図書館に行って、 本を開いてみる。

実際に体を動かして 始めてみると、流れが生まれる。 1日5分でも10分でもいい。 続けていくと、リズムが出てくる。 そのうち習慣になっていく。

元気も出てくる。

あなたの 出生ホロスコープでは、 火星は、どの星座に 位置していますか?

おひつじ座

ピーンときたら 考えすぎず行動する。 リスクを取ることを恐れない。 勢いを感じたら飛び込んでみる。

おうし座

五感を活かした行動。 料理、芸術、などなど。 感性を活かして、 形ある何かを作る。

ふたご座

「いろんなことを知りたい」 この知的欲求を満たす活動を。 あの人と話したい、 あれについて調べたい。 興味がわいたら、行動する。

かに座

自分の部屋、自分の空間。 自分の人間関係の輪。 居心地のよい場所を作る。 外食、買いもの、遊び、など、 落ちつく場所を確立していく。

しし座

自分にウソをつかない。 真実を実行する。 「自分らしい」と 感じることを行動に移す。

おとめ座

今の生活を改善する ために、できることをやる。 効率化、最適化するために 変更できることは、ないだろうか?

てんびん座

趣味のサークルなど、 いろいろな社交の場に出かける。 部屋や服のコーディネート、 誰かと誰かを紹介する、など バランス感覚を活かせることをする。

さそり座

研究テーマを決めて取りくむ。 深く掘り下げて学んでいけること。 ミステリー小説や映画。 謎解き要素を楽しめる活動をする。 

いて座

冒険や旅に出る。 未知なる世界に飛びこむ。 本を読む。 新しい知恵や体験、世界観に触れる。 

やぎ座

テンションが上がるような 具体的な目標を決めて、やる。 安心できる基盤、ゆるがない 「何か」を築くための活動。

みずがめ座

自分の独自性を活かしたことをする。 常識と非常識の境界線に立つ。 今までの常識、やり方にとらわれず、 新しい方法や考え方などを生み出す活動。 

うお座

心のおもむくままに、 溶けこみたいと感じる世界へ。 吸収したいものを取りこみ、 次の流れを感じとり、行動する。 


心と星の世界