2021-05-04

友達から連絡が来た。 ちょうど自分も、その友達のことを考えていた。 月が、ふたご座に来ている夜に電話で話した。

ふたご座は「コミュニケーション」という言葉と、よく結びつけられる。 「誰かと話がしたい」そのように、ふと思うようなときなのかもしれない。

職場の同僚をランチに誘ってみてもいいかもしれない。ふと思い出した友達に連絡してみてもいいかもしれない。

月がふたご座にあるときは、自分の好奇心がおもむくままに過ごしてみるのもいいかもしれない。「知りたい」と思ったら調べてみる。何か気になることがあれば、それを追いかけてみるのも、いい。不思議の国のアリスが、白ウサギを追いかけていったように。

何かを読んだり、書いたり、書類の整理なども、月ふたご座の日には、向いている過ごしかたかもしれません。

また別の友達から連絡が来た。ちょっとした報告だったけど、また落ちついたら会おうということになった。 やっぱり、月ふたご座の日は、誰かとコミュニケーションを取ろうかなという気分になるときなのかも。

買いものに行っても、いつもは会計だけしてもらう店員さんとも、ちょっとした会話がはずむようなとき。

月が、ふたご座に来ているとき、買いものに行った。 3つの別のお店の店員さん。3人それぞれとの、小さな、ちょっとしたやりとりが楽しかった。お互いに、ちょっと話したいなって思うのかもしれない。ふたご座らしさを感じた1日だった。

深く、お互いのことを話しあうような、さそり座的なコミュニケーションではなく、表面上の社交的な、ちょっとした会話。

もしかしたら、もう会うことがないような人との、ちょっとした短い会話のキャッチボール。こうした、ちょっとした、ふたご座的な、人と接する時間も大切だなーって思う、今日このごろ。

考えすぎて神経がつかれる、考えすぎて眠れないということもあるので、夜は、早めに情報や刺激(パソコンやスマホ)などをシャットアウトしたいかも。

思考があちこちに飛びやすい性質もある。 好奇心のおもむくままに迷子になってみるのもいい。より道をして、おもしろいものを見つけるかもしれない。より道をしたからこそ得られる発見があるかもしれません。

心と星の世界