コロナ後の世界、これからの世界へ...

足元が崩れ去り、混沌とした、先行きの見えない時。

原点に帰ろう。

持って生まれた、自分だけの星たちが、導いてくれる。 大丈夫。 自分に与えられた星の配置や性質(出生ホロスコープ)への理解を深めよう。

「自分」という星を存分に輝かせよう。 その光は、自分自身を救うでしょう。 その光は、ほかの誰かの希望になるでしょう。

自分が「1つの会社」だとして、 10天体は、「その会社の10人の社員」と考えることもできる。 太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星。 自分の会社の10人の社員について、 あなたは、どれくらい理解しているでしょうか?

たとえば、「ふたご座の水星」と「いて座の水星」は、同じ水星ではない。 あなたの会社の「水星」は、どの星座の性質を持った水星でしょうか? (あなたの出生ホロスコープでは、水星は、どの星座に位置しているでしょうか?)

自分が持って生まれた10天体の性質を活かして、 どのように「自分という会社」を運営していけるでしょうか?

自分が持って生まれた星たち