チャート・ルーラー

自分の人生を船に例えるなら、チャート・ルーラーは、その船のカジ取りをする星。 これは、以下の著書から学んだことの1つ。

The Ascendant as Helm.
The Ruler of the Ascendant as Steersman.

著書: Astrology and the Authentic Self
著者:Demetra George
自分のチャート・ルーラーとは、自分の出生ホロスコープのアセンダントが位置する星座の支配星。

アセンダント星座

自分のアセンダント星座は、自分が生まれた瞬間の東の地平線(太陽が昇る方角)に位置していた星座。

約2時間ごとに変わるので、出生時間や出生場所が分かっていないと特定できない。アセンダントの位置する星座が、自分の1番目のハウスになります。

アセンダントは、自分の太陽星座が示す性質に向かっていく道のりでもある と聞いたことがあります。1人1人の第一印象、社会での仮面などとも言われる。

「仮面」などと聞くと、少しマイナスな印象を受けるかもしれません。(わたしは、最初、そうでした)

でも、確かに私たち一人一人は、いろんな顔を持っている。 家族に見せる顔、友達に見せる顔、恋人に見せる顔、学校や職場で見せる顔、苦手な人に見せる顔、気をゆるせる人に見せる顔、などなど。

初めて誰かに会うとき、私たちが、そのとき触れるのは、その人のアセンダントの性質なのかもしれない。

アセンダントは、私たちを守ってくれる、「よろい」のようなものでもあると思います。 一歩、外へ、社会へ出ていくとき、自分のアセンダントの性質を身にまとうことで、色々な場面で、よりスムーズに立ち回れるような気がします。

わたしの場合、太陽星座と月星座は「AT車」のようで、アセンダント星座は「マニュアル車」のよう。 まだ乗りこなせない、上手く操作できないでいるような感覚があります。(あくまで、個人の感想です)

チャート・ルーラー

おひつじ座:火星
おうし座:金星
ふたご座:水星
かに座:月
しし座:太陽
おとめ座:水星
てんびん座:金星
さそり座:火星(冥王星)
いて座:木星
やぎ座:土星
みずがめ座:土星(天王星)
うお座:木星(海王星)

たとえば、あなたのアセンダント星座が、おひつじ座なら、あなたのチャートルーラーは、火星。

チャート・ルーラーの星は、自分にとって、とても大切な星。その星に導かれているような感覚もあります。

太陽が位置するハウスの内容は、自分に活力を与え、元気にしてくれるけど、人生の方向性という意味では、チャート・ルーラーの星が位置するハウスに向かって進むことが、あっているようにも感じます。

チャート・ルーラーの、おおまかなテーマ

太陽:自己表現、自分らしさを発揮できるかどうかが大切

月:心が、かわいていないか、気持ちが満たされているかが大切

水星:知的好奇心を満たせるかどうかが大切

金星:人生に、美しさと、よろこびを感じられるかどうかが大切

火星:勇気を持って行動できるかどうかが大切

木星:生きる目的や理想などがあるかどうかが大切

土星:人生の苦しみに意味を見いだせるかどうか、苦労する価値のある何かを見つけれるかどうかが大切

心と星の世界