2021-05-05

月は、かに座の支配星。
かに座は、月の家。

繊細ゆえに、人の気持ちによりそえる。 でも、繊細ゆえに、ささいなことにキズつく可能性もある。 キズつくことを受け入れるには、強さと優しさが必要なのかもしれません。

建前や仮面をぬいで、心を開いたとき、深くつながれることが、可能になる。 でも、その状態で、ちょっとした攻撃を受けようものなら、深くキズつくことだって、ある。

月が、かに座に来ているときは、外に向かうより、内に向かうようなとき。 落ちつく場所で、ゆっくりと内省する時間を持ってもいいかもしれません。

月かに座のときは、母親や自分にとって母親のような人に相談してみてもいい。 相談でなくても、話しているうちに悩みや迷いや今かかえている問題に対する答えが、なんとなく見えてくるかもしれません。

思ったこと、感じたことが、なんとなく当たることも。

感情移入しやすいとき。小説を読んだり、映画を観て、滞っていた心が洗われるかもしれません。

自分の居場所について考えるのもいい。どこにいるとき、誰といるときが、自分にとって居心地がいいでしょうか。 快か不快かで、ものごとを判断する傾向が強くなるかもしれません。

心と星の世界