「出生ホロスコープ 作成」で検索すると、 自分の出生ホロスコープを作成してくれるサイトが色々出てきます。

出生場所、生年月日、出生時間を入力する。

そのサイトで作成した出生ホロスコープを印刷してもいいし、 家にあるもの(たとえば、ガムテープ、モノサシなど)で、 以下のような手書きのチャートを作成してみてもいいかもしれません。

「ASC」という表記の隣にある星座が、あなたの「アセンダント星座」です。 自分のアセンダント星座を左少し下に記入し、反時計回りで他の星座を順番に描いていきましょう。 (当ブログでは、ホールサイン・ハウスシステムを採用しています)

たとえば、アセンダント星座が「やぎ座」の場合、以下のような感じになります。 「1ハウス、やぎ座」「2ハウス、みずがめ座」「3ハウス、うお座」以下省略。

わたしの場合、太陽星座が「かに座」なので、 「7ハウス、かに座」の位置に、太陽の表記を描いています。

***

たまに、 ふと思うこと ってありませんか? 「なんのために 生きてるんだろう?」って。

 
Photo by kazuend on Unsplash

今のところ、 たどり着いた「こたえ」は、 本当の自分を生きること、 自分だけの花を咲かせること。

星について学べば学ぶほど、 私たち1人1人は、本当に個性的で、 自分のような存在は、どこを探してもいないんだと感じます。

生まれたときに与えられた、自分だけの種がある。 それを植えて、 大切に育てて、 自分だけの花を咲かせる。

自分にしか 咲かせられない花がある。

出生ホロスコープは、 生まれたときに与えられた 地図のようなもの。 どのように自分の花を 咲かせていけばいいのか、 その地図に「こたえ」がある。

自分の出生ホロスコープを 眺めていると「この部分は、 強みとして今まで活かせてきたけど、 ここはまだ発揮できてないな...」などなど、 見るたびに、いろんな発見があります。

強みは、弱みでもあり、 弱みは、強みでもある。 自分の性質を活かして、 どのように生きていけるだろうか?

自分に合わない場所に、ムリしている必要はない。 自分に合わない やりかた(生きかた)を ムリしてする必要はない。

自分の輝ける場所がある。 幸せを感じられる生きかたがある。

このブログでは、1人1人が、 自分の地図をよむヒントや、 自分のカケラ、自分の生きかた、 自分の進みかたなどを見つけるうえで 少しでも役立てば、嬉しいです。

他の誰かと比べる必要はない。 その人には、その人の咲かせる花があって、 自分には、自分が咲かせていく花がある。 自分のペースで、 自分の花を咲かせていければ、 それで、いい。


心と星の世界