月@うお座のとき

2021-05-15

気持ち的に、ゆったりと過ごせるようなとき。

なんとなく、人に優しくできるようなとき。 誰かを、何かを大切にする。 そして、自分も大切にされる。 誰かに甘えたくなるかもしれないし、誰かに甘えられることもあるかもしれません。

活発な星座、おひつじ座の前の星座なので、嵐の前の静けさ、とも言える。 いそがしく動きまわる前に、今は、少し休んだり、ペースを落として、ゆっくりと過ごしてもいいのかも。

1日の終わりの夜、寝ているとき、脳は、その日にあったことを整理してくれる。 イヤなことがあっても、一晩眠れば、朝がくる。

起きたときは、気持ちが軽くなっていたりする。朝日をあびて、また新しい1日が始まることを確認する。

12星座の、最後の星座、うお座。 ここで、約1ヵ月の歩みが整理され、また新しい出発に向かう。

瞑想して過ごすのも、いい。 心を、からっぽにしてみる。 いろんなことが、うお座が象徴する、海に消えていく。

もう、ゆるしてもいいかも。もう、そろそろ、わすれよう。 ゆるして、わすれて、自由になろう、怒りや悲しみから。そのような気持ちになるかもしれません。

心のなかを整理していく時間にしてもいい。

良い意味でも、悪い意味でも「境界線」が曖昧になるようなとき。

誰かの立場に立って考えることもできる。別の誰かの世界に自然と入っていけるようなとき。 時間を忘れて、本や映画など物語の世界にも入っていける。

みんな同じ空の下、という言葉があるように、みんな、見えない心の海で、つながっている。 遠くにいるけど、心は、つながっている。そのように感じるときかもしれません。


心と星の世界